サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「3DCADとは」



 3DCADとは、コンピュータの3D技術を利用して設計工程を効率化するためのソフトです。  2次元の図面作成を主とする2DCADとは違い、製作する部品・組立品を3D技術で立体的に表現でき、その他に3D技術ならではの特殊な機能を備えているのが大きな特徴です。

 具体的に3DCADの機能を挙げると、

製作する部品を3DCGの形でコンピュータ上に作れる(モデリング機能)
モデリングした部品同士をコンピュータ上で組み立てられる(アセンブリ機能)
(下の画像はそれぞれパーツをモデリングし、アセンブリ機能で組み立てていったものです)






モデリング・アセンブリした部品・組立品の質量や強度について、コンピュータで自動的に計算できる(CAE機能)
モデリング・アセンブリした3DCGデータをもとに、自動的に機械図面の作成・編集ができる(ドラフティング機能)

等の機能があります。


 こういった機能を備えた3DCADを使用することで、

製作前の設計の段階で、部品・組立品の立体的な形状・大きさをコンピュータ上で把握できる
コンピュータ上で部品の組み立てを行うことで、問題なく組み立てられるか部品を製作する前に確認できる
CAE機能を使うことで、事前に部品・組立品の質量や強度等がどうなるか確認できる

等、実際の製作に入る前に、コンピュータ上でいろんなシュミレーション行うことができます。  そのため、実際に部品を作った後にまた設計工程からやり直すというリスクを減らすことができます。

 また3DCADは部品・組立品を3DCGで表現するので、

作成した製品の3DCG画像をキャプチャすることで、製品の資料作成やプレゼンテーション、宣伝に利用できる
機械図面の知識がない人にも、どういった製品を製作するのか簡単に理解できる

等のメリットもあります。

 その他には、CAM(キャム)と呼ばれる、「数値制御で動作する工作機械の加工プログラムを作成するソフト」を併用することで、CAD上で作成した部品をそのまま工作機械に自動で製作させることも可能です。

 またここ数年話題のものの1つに3Dプリンタがありますが、
この3Dプリンタにも、3DCADデータを使用することで、CAD上で作成したモノをそのまま作る、いうように利用・活用することができます。


 その他、作業を効率化できるポイントとして、「多機能性」が挙げられます。
3DCADには、(ソフトにもよりますが)図面を作成する機能も付いているので、設計工程で行うかなりの種類の作業をこのソフト1つで効率化することができます。

 実際に私は業務で、2DCADも3DCADも設計工程の作業に利用した経験がありますが、正直2次元の図面しか作成できない2DCADよりも、多機能の3DCADを一貫して使用した方が効率がいいと思います。


 3DCADは、要求されるパソコンのスペックとソフトの価格がネックで、一昔前まであまり普及していませんでした。
 しかし、現在では高スペックなパソコンが手ごろな価格で購入でき、「ミドルレンジ」と呼ばれる高機能かつ価格がそこまで高くない(あくまで企業レベルの話ですが)ソフトもリリースされているので、今後は3DCADが主流になるんじゃないか、と製作現場にいる人間として思います。