サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「CADって何?」



 このページでは、機械製図と同じく機械系技術職にとって必須の知識である「CAD」について触れていきたいと思います。

 次回以降の項目で詳しく触れますが、現場の機械系技術者にとって、このCADの知識というのは、大変重要なものです。
 今回は、その重要性について触れる前に、そもそもCADとは何なのかということを説明していきたいと思います。



CADとは?

 そもそもCADというのは何かというと、
コンピュータシステムを利用して設計をすること、またはそのためのソフトウェア」のことを指します。

 CADと言う言葉はそもそも略称で、正式には「Computer Aided Design」と言い、直訳すると「コンピュータ支援設計」という意味になります。

 CADとはその言葉の通り、
製品の設計工程の一部に専用のコンピュータソフトを使用することで、製作をより効率よく行えるようにすること、またはそのソフト自体のことを意味します。

 CADには、機械分野以外にも「建築」「電子回路」など他の各技術分野で専用のものがあり、それぞれの設計の工程・作業で利用されています。

 本サイトで紹介するのは、もちろん機械技術者が使う機械系のCADなのですが、このCADには「2D」 と「3D」の2種類の分類があります。
 その違いや特徴について次の項目から説明していきます。
(下の画像はそれぞれ、2D・3DCADで作成した機械部品の図面と3Dモデルです)