サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「機械製図はどこで学べるか」



 前の項目では、機械製図の重要性について説明しましたが、
ここでは機械系の技術や職業に興味のある人を対象に、どこでこの機械製図が学べるか書いていこうと思います。(前提として高校を卒業する年齢以上の方を対象にしています)


1.専門学校

 経済的に余裕がある場合、機械製図を学べる専門学校に行って学ぶ方法が良いと思います。

 はじめから知識がなくても、プロの講師の方に指導により、技能が着実に習得できると思いますし、機械系技術職に就くことを希望している人にとっては、専門の機関で学んだということは経歴的にプラスになる利点もあります。


2.職業訓練

 経済的に余裕がない場合は、半年から一年の職業訓練を受ける方法があります。
(※ただし、職業訓練はあくまで就職を希望する人を対象としているので、単なる趣味・学習目的の人は職業訓練を受けることはできません)

 利点としては、まず基本的に受講料が無料なことが挙げられます(※教科書・作業着等は自費です)。
 また、講師の方は基本的にその分野の経験者の方が多いので、より実践的な知識やアドバイスをもらえます。
 その他基本的に今の職業訓練の場合、機械製図と共にCADと呼ばれる製図用ソフトの操作を並行して学ぶことになっているので、CAD操作も同時に習得したい人にはうってつけです。

 他の利点としては、訓練と並行して就職のためのサポートが充実している点が挙げられます。
なので就職活動も安心して行えます。

 また専門学校ほどではありませんが、経歴的にもプラス材料になります。

 職業訓練には、半年・一年コース以外にも3~4日程度の短期セミナーがあります。 この場合、有料かつ就職のサポートもありませんが、あまり費用もかけずに短ごく期間で機械製図について学ぶことができます。