サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「CADオペレーター」



 機械製作に関わる職業の中に、CADオペレーターという役職があります。

 CADオペレーターとは、CAD(キャド)という機械製図用のコンピュータソフトを使用して図面作成を行う役職のことです。
 他のカテゴリでも書きましたが、設計を行い部品を実際に製作する際は、作成した図面を通して設計の意図を加工者や他の工程の技術者に伝える必要があります。
 CADオペレーターは、その図面作成の工程で、機械設計者の指示をもとにCADで図面を作成します。


CADオペレーターになるには

 基本的にCADオペレーターは指示の通り図面を作成するだけなので、設計や加工の専門的な知識は求められません。ただし、機械製図の知識とCADの操作技能は必須です。

 機械製図には、工業規格によって定められた細かい規則や描き方があるので、これについては最低限は把握している必要があります。
 また、設計や加工についての専門的な知識は求められませんが、ある程度基礎的な知識は持っていた方が機械設計者としっかり意思疎通できるので、基本的なところまでは知っておいた方がいいと思います。

 CADオペレーターは、CAD操作と機械製図の規則さえ把握できていればできるものなので、専門的な知識を求められる機械設計の分野に比べれば、業務経験がない人にとって敷居が低い職種と言えるかもしれません。