サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「機械設計者」



 一般の人が機械製作の職業を思い浮かべるとしたら、まずこの「機械設計者」 の職業が浮かぶのではないかと思います。

 機械設計者とは、読んで字の如く機械製作の「設計」の工程を担当する技術者のことです。

 設計の工程は、製作全体の根本的な方針や指針を決める作業でもあるので、機械設計者は機械製作の多様な分野それぞれについて精通している必要があります。
 また、設計の工程には強度計算等の数学・物理学を利用して行う作業も含まれるので、そういった理数系の知識も持っている必要があります。


機械設計者になるには


 こういった様に、機械設計者は相当の知識や技能・経験を求められる職業なので、業務未経験の人間がいきなり機械設計者の職に就くことは基本的にはできないのが現実です。

 業務未経験で機械設計を志望する人は、まずはこの後の項目で説明する「機械設計補助」か、あるいはそれに準ずる見習い的な役職で、相応の経験を積んでから、ようやく機械設計者の職に就くのが通常のルートだと思います。

 いずれにせよ、かなり高度な専門職なので、この職に着くためには相当の能力と経験が必要なことは覚えておいてください。