サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「機械製図とは」



 機械製図とは、機械を製作する際に、

・どういった形状・大きさの部品をどういった加工方法で製作するか、
・製作した各部品をどう組み立てるか
等を指示する「機械図面」を作成する作業のことを言います。

 一般的にメーカーが機械を製作する際は、設計をする人間と、実際に部品を製作する人間や組み立てを行う人が分かれているのが普通です。
 図面は、基本的には設計者がどういうものを作りたいかを、加工者に正確に伝えるために利用されます。
加工者は図面から設計者の意図や指示を読み取り、実際に部品を製作します。

 また図面は設計者の設計意図が客観的な形で反映されているので、その設計や指示した内容が適切なものかどうか再度確認するためにも使用されます。

 この様に、図面を作成することにより、作成した人の意図を他の部門の人やその他の人に伝えることができるので、機械図面は例えるなら、機械製作の言葉・言語と言えるかもしれません。
 ですので図面を作成する、またはそれを読み解くための機械製図の知識は、機械製作に携わる人なら誰でも知っておかなけらばならない知識と言えると思います。