サイト紹介

このサイトは機械製作のちょっとした知識・情報を伝えることを目的としたサイトです。
機械系の技術職に就いた私自身の経緯も踏まえて、機械製作の世界とはどんなものなのかテーマにいろいろ記事を書いてみました。
機械製作に興味のある方はぜひ見ていってください。


・お気づきの点がありましたらこちらまで御連絡下さい
kikai■readst.info
(■を@に置き換えてください)

このサイトについて

機械ができるまで

機械製作の分野

機械製作に関わる企業

機械製作に関わる職業

機械系技術職の事情

「機械設計事務所とは」



 機械設計事務所とは、主に機械製図や一部の設計工程を、メーカーから委託されて行う企業のことです。

 製品の企画や仕様、構想はメーカーが決め、その後の図面の作成や設計の一部の作業を機械設計事務所が請け負うという形になります。

 機械設計事務所が自社で製品の企画を立ち上げて、設計や製作することは基本的にありません。

 メーカーが機械設計事務所に一部の工程を外注する理由は、

・自社内で行うより外注した方が製作のコストが安くなる
・外注し委託することで製作期間の短縮を図れる
等の理由が挙げられます。


 機械設計事務所は、ある意味企業と共同して製品を作るという側面を持っているので、基本的にメーカーと共通の開発環境を揃えている必要があります。

 そのため機械設計事務所には、多種類の開発環境、具体的には製図・設計・解析を行うためのアプリケーションソフト(CAD)と、それらのデータをやりとりするためのネット環境・インフラが揃えられています。


 また、これは余談ですが、機械設計事務所は、加工や組み立ての工程は基本的に請け負わないので、会社は普通のオフィス街にあることが多いです。(ただし、派遣業務も請け負うところだと、工業地域にある企業に派遣される場合もありますが)

 管理人が以前勤めていたところも、オフィス街の一般的な商業ビルにオフィスがありました。
基本的に加工・組立工程はやらず、機械製図や設計をのみを行うので、オフィスで1日中コンピュータ作業することになります。

 なので、機械製作に関わりたいかつオフィス内で1日働きたいという人は、機械設計事務所が向いているかもしれません。